温泉に浸かれば癒しと美しさを手に入れられる美人の湯

美人の湯ってどんな温泉?

温泉には効用や泉質などいろいろな特徴があります。温泉によって胃腸病に効くとか神経痛に効くとかありますが、美人の湯というのもよく耳にします。では、美人の湯とはいったいどんな温泉なのでしょうか。
美人の湯の定義というものは特に定められていませんが、弱アルカリ性の温泉を指すことが多いようです。アルカリ度が高いほど湯に触ったときの感触はトロっとしてスベスベとした印象になります。アルカリ性は石鹸などと同じ働きをするので、汚れた皮膚を優しくきれいにしてくれます。また、保湿効果が高いので潤いのある肌になるといいます。ほかにもナトリウムイオンやカルシウムイオンなどが含まれていることが多く、各温泉の売りとしている入浴後の仕上がり感は、さらさらだったりもちもちだったりと特徴があります。

効果が広く知られている美人の湯

数ある美人の湯の中には、日本三大美人の湯というものがあります。群馬県の川中温泉と和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉で、1902年に作られた鉄道院の温泉案内に色が白くなるという効能が書かれていたことが由来と言われています。100年近い昔から、効果が認められていたことになります。
また、そのほかに、日本三大美肌の湯というのもあります。佐賀県の嬉野温泉、島根県の斐の上温泉、栃木県の喜連川温泉で、こちらは最近になって、中央温泉研究所と温泉評論家の藤田聡氏によって、肌に良い効能があると認められ選ばれたものです。
温泉にのんびり使って癒されて、きれいにまでなれるという美人の湯なら、リフレッシュ効果も大いに期待できるというものです。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です