海外旅行なら知ってて当然!?簡単時差ボケ対策!

「時差ボケ」ってなに?

人間の生活リズムというのは、「時刻」の感覚に強く影響されます。そのため、飛行機を用いた海外旅行の際には、目的地と日本の時差によって生活リズムの感覚が乱され、様々な体調不良につながります。これが「時差ボケ」と呼ばれるものです。せっかくの海外旅行なのに時差ボケで十分楽しめなかった…となってしまってはもったいないですよね。そのため、今回は簡単な対策をご紹介します。

旅行に出発する前には…

海外旅行に出発する前に目的地との時差を調べて、何日間かかけて生活リズムをずらして目的地の時刻に合わせる方法が効果的です。少しずつずらすことで体への負担を抑えることができる上、方法も簡単です。特に就寝、起床のタイミングをずらしていくことで生活リズムをずらすことができます。

飛行機に乗り込んだ後は…

飛行機内では時計を現地の時間に合わせ、それに沿った食事や睡眠を取るように意識しましょう。そのため、睡眠のタイミングがはかりづらくなるカフェイン飲料の飲み過ぎは避けたほうがよいかもしれません。また、アルコール類は脱水症状を引き起こし、体調不良をさらに悪化させる可能性があるため控え、水分補給を怠らないようにしましょう。

現地に到着した後は…

朝到着した場合など、夜ではないのに睡魔に襲われることはよくあるでしょう。しかし、そのような場合でも極力寝ないように努力しましょう。朝眠ってしまうといつまでも生活リズムを現地の時間に合わせることができず、時差ボケの症状が長引いてしまいます。食事や外出を含め現地の時刻に合わせた生活を心がけることで、より早く時差ボケの症状を緩和することができるでしょう!

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です